【パニック障害】は「こころの病気」ではなかった!②

こんにちは!

夢みるまるちゃんです!

今日は

パニック障害がどういう仕組で起きるのかを

調べてみました!

前回の記事はこちらです。

【パニック障害】必ず良くなる!15年の闘い!①

パニック障害は「こころの病気」ではない!

「パニック障害」と聞くと

あなたは、どんな印象をもたれますか?

一般的には「精神的に弱いからなるんじゃないか」と

考えられる方が、多数いらっしゃいます。

パニック障害は、精神的に弱いからなる病気ではないです。

最近の研究では

パニック障害は

ストレス性の不安症や、神経症、あるいは「心の病気」とは違うと言われています。

パニック障害は誰がなってもおかしくない病気

パニック障害の原因は、脳内神経伝達物質(脳内ホルモン)のバランスの乱れ

脳内ホルモンの

セロトニンとノルアドレナリンが関係してると言われています。

セロトニン

脳内の神経伝達物質のひとつで、ドパミン・ノルアドレナリンを制御し精神を安定させる働きをします。

厚生労働省e-ヘルスネット

ノルアドレナリン

ノルアドレナリンとは、激しい感情や強い肉体作業などで人体がストレスを感じたときに、交感神経の情報伝達物質として放出されたり、副腎髄質からホルモンとして放出される物質です。

厚生労働省e-ヘルスネット

セロトニンとノルアドレナリンの働き

セロトニンは、ほかの脳内神経伝達物質の情報をコントロールし、精神状態を安定させる働きがあります。またノルアドレナリンは、不安や恐怖感を引き起こし、血圧や心拍数を上げる働きをします。

omron

セロトニンとかノルアドレナリンとか脳内ホルモンの乱れというと

なんか特殊な病気なのかな?と感じますが

前回も書きましたが

一生の間にパニック障害になる人は100人に1~2人といわれます。

誰がなっても、おかしくない病気です。

ある日、突然!強い発作におそわれる

働きざかりの人が

ある日突然、強い発作におそわれます。

その発作は人にもよりますが

心筋梗塞と同じくらい強いものだとも言われています。

発作におそわれた人は

本気で死んでしまうと思うのです。

そして救急車で運ばれる。

しかし病院に着くころには

あれほど強かった症状は、ピタリとおさまっている。

病院で調べてもらっても、体に異常はないと言われる。

でも何回も発作がおきる。

本人はどうしていいのかわからない。

また発作をおこすかもしれない!

人に迷惑をかける!恥ずかしい。

不安と恐怖で家から出れなくなります。

当然、仕事にも支障をきたします。

パニック発作は、命に関わるものではない

パニック発作自体は、命に関わるものではありません。

しかしパニック障害になってしまうと

普通の社会生活がおくれなくなります。

パニック障害とは

パニック発作をくりかえす。

そのために予期不安を持つ。

予期不安を持ってしまうために

広場恐怖という症状がでる。

予期不安、広場恐怖についてはこちらに詳しく書いてますのでどうぞ

【パニック障害】必ず良くなる!15年の闘い!①

電車に乗れない!

まるちゃんが、初めて発作を起こしたのは電車に乗ってるときでした。

クライアントと一緒に移動中のときです。

激しい吐き気

動悸

冷や汗

クライアントの前で吐いてしまうのではないか?

しかも電車の中で吐いたら、大勢の人に迷惑をかける!

顔から血の気が引いていき真っ青です。

でもクライアントの前で倒れるわけにもいかない

急用ができたと、言いつくろい

なんとか次の駅で降りて

トイレに駆け込みました。

1時間はトイレから出れなかったです。

まるちゃんは管理職で

部下との同行もあり

電車で3時間の移動とかが、毎日ありました。

いつ吐いてもいいようにと、スーパーの袋は

常に持ってました。

予期不安から広場恐怖へと

無理して仕事は続けてましたが

症状は重くなり

予期不安から

電車に乗れない

エレベーターに乗れない

レストランに入れないと

仕事に支障をきたし

結局休職しました。

そこからは家から出れなくなりました。

これがまるちゃんとパニック障害との闘いの始まりでした。

休職したら焦らない!

まず休職したら休養をとりましょう。

焦らずに、病気を受け入れましょう。

とりあえず

明日から電車に乗らなくていいのです。

まずは心と体を休めることに専念してください。

ゆっくりでいい

回復には時間が必要です。

落ち着いてきたら

まずは近所の散歩などから始めてみましょう。

必ず治ります

パニック発作では死ぬことはないです。

必ず治ります。

回復の仕方は人それぞれの、状況や環境で変わりますが

また、電車に乗れるようになります。

ですから焦らないことです。

普通の人と、同じように日常生活をおくりましょう。

パニック障害とは、長い付き合いになると

覚悟を決めましょう。

必ず治る病気です。

大丈夫です!

【パニック障害】必ず良くなる!15年の闘い!①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です