50代!【歯周病】2人に1人が【歯】を失う!

こんにちは!

夢みるまるちゃんです!

歯にお金をかけるのが、当たり前の時代になりましたね!

芸能人はみんな「歯」が真っ白!

でもまるちゃんは

そこまで「歯」にお金をかけれないので

自分の歯をなんとか大切にしたいと

歯について調べてみました!

「歯」を失う原因の4割が「歯周病」だった!

まず「歯周病」って言葉自体は知っていますよね。

だけど実際にはどんな病気か?

まるちゃんは、よくわからないので調べてみました!

ふむふむ!

細菌の感染によって、歯茎が赤くなったり腫れたりするのね。

痛くはないのね。

ということは

あまり自覚症状なく進んでいくのか!

そして歯がぐらぐらになって抜けるのか!

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

日本臨床歯周病学会

怖いですね!

だって歯医者って、基本的には行きたくないですよね。

まるちゃんは歯医者が怖いので、あまり行きたくないです!

ストレスも歯周病を進行させる!

歯周病を進行させる因子には

疲労

喫煙

女性ホルモンの増減

とかもあるみたいです!

50代で、ストレスも、疲労も、ホルモンバランスの崩れもない人など

いるのかしらん?

いないですよね!

ホルモンバランスの、崩れについては

こちらの記事もどうぞ。

【更年期障害】あなた臭くないですか?!

丁寧に歯磨きしてても

まるちゃんは、ストレスもあるし疲労もあります!

ということは歯周病になるリスクも高いわけですね。

あと、全身疾患というのもあります。

糖尿病

骨粗鬆症

ホルモン異常

まるちゃんは、甲状腺機能低下症なので

ますます、歯周病になるリスクは高いみたいです!

50代で糖尿病の方もいらっしゃると思うので

糖尿病も注意が必要ですね。

糖尿病の悪化や、肥満(メタボ)にもつながるみたいです。

肥満で悩んでいる方も多いと思いますが

いくらダイエットをしても、痩せないのは歯周病が原因だったのかも。

歯周病ならまず歯周病の治療をしなければダメですね(汗)

歯周病は放置すると

肺炎や、心臓病を発症するかもです!

恐るべし!歯周病!

まるちゃんは、ほんとに怖くなりました!

今度の休みは歯医者に行こうかな(笑)

笑い事ではないですけど(笑)

50代以上の女性には「ドライマウス」も多い!

口臭でお悩みの方も多いと思いますが

口臭は歯周病だけでなく「ドライマウス」が原因のこともあるみたいです!

ドライマウスとは

唾液の分泌が減り、口の中が渇いた状態になることです。

50代以上の女性に多い疾患です。

放置すると、食べ物の味がわからない

味覚障害」になるみたいです!

唾液が少なくなる原因は

  • 加齢
  • 女性ホルモンの低下
  • ストレス
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 甲状腺の病気

ありゃ!

まるちゃんは、幸いドライマウスではないですが

ドライマウスにも気をつけないといけないみたいです(汗)

こうやって書き出すと

お口の中って、ほんとうに大切ですね。

歯周病は治ります!

昔は「不治の病」といわれていた歯周病ですが現在は

予防も治療も可能です!

まず正しい歯磨きのやり方で毎日歯を磨く。

歯石を取り除く。

虫歯などの治療をする。

腫れた歯肉の治療をする。

どれも、まずは歯医者さんに行くことですね!

そして定期的なメンテナンスをする!

歯周病が「不治の病」などと呼ばれていたことに

まるちゃんはびっくりしましたが

とにかく

歯医者さんに行って、歯垢をキレイにしてもらいます!

今度の休みは、やっぱり歯医者さんに行きます(笑)

今回はまるちゃんもいろいろ勉強になりました!

今回の記事が

少しでもあなたのお役に立てたなら

まるちゃんはとても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です