【悲惨】バブル世代の老後!

こんにちは!

夢みるまるちゃんです!

ちょっと怖いタイトルでごめんなさい!

今日はバブル世代を実際に生きてきたまるちゃんの抱いている

危機感」を書いてみました!

バブル世代とは?

みなさんは「バブル世代」というと

何が思い浮かびますか?

☆平野ノラ(お笑いタレント)の持ちネタ

大きな携帯電話・ボディコン・ワンレングスでソバージュの髪型?

それも正解です!

☆ジュリアナ東京

ジュリアナ東京とはバブル期に流行った代表的なディスコです!

お立ち台に立ってボディコンシャスな服を着て扇子を振り回して踊っている!

そうです!それです!

それも正解です!

まるちゃんも踊ってました!(笑)

具体的には

1965年から1970年生まれ。

好景気のときに就職だった売り手市場のため就職先は選べた

この時期は企業側

面接交通費・ホテル代を負担するのが当たり前の時代。

まるちゃんの考えたバブル世代の特徴(個人の感想)

根拠のない自信がある。

楽観的。

浪費は美徳。

ブランド品大好き。

お金はどっかからわいてくる。

女性なら

アッシー君(タクシー代わりにどこにでもタダで送ってくれる男性)

メッシー君(いつも高級な食事をおごってくれる男性)

貢ぐ君(ブランド品をプレゼントしてくれる男性)がいる。

男性なら

高級車・高級時計は持ってて当たり前。

などなどいろいろありますが

基本的には金遣いが荒いです!

もちろんそんな人ばかりではありません!

堅実に貯金をして生きてる方もたくさんいらっしゃいますが

多くのバブル世代は楽観的

そこでまるちゃんは考えます。

バブル世代の危機感のなさ!

まるちゃんがこの記事を書こうと思ったキッカケですが

最近まるちゃんは転職を考えました!

派遣会社に登録をしてそこから説明会に行くのですが

まるちゃんが転職しょうと思った仕事は人気がありました。

そこで説明会に行くための選考が行われるわけですが

過去の職歴などを派遣会社の人と話ました。

そこで「何日の何時までに連絡がなければ今回のお話はなかったことでお願いします

という話になりました。

まるちゃんは当然連絡があると思っているわけです!

なぜならまるちゃんはバブル世代

こちらが選んで当然と思っているからです!

選ばれないなどと思ってもいない!

ところが派遣会社からの連絡は来ない!

まるちゃんは就職のための選考会にすら選ばれなかったのです!

まるちゃんはそこで初めて

自分が選ばれないという「現実」を知ったのです!

いやショックでした!

数日落ち込みました!(笑)

年齢的なことやまるちゃんのスキルを考えると

冷静になってみると選ばれなくても当然なのですが

ここでも根拠のない自信があらわれてますね(笑)

そこで「バブル世代」をいろいろと考えてみたのです。

バブル世代・男性はバブ男(お)女性はバブ女(じょ)と呼ばれている!

バブ男・バブ女なんていう言葉があるのはびっくりしましたが、わかるような気がします。

基本的にバブ男やバブ女は「イタイ」です!

バブ男は部下を飲みに誘います。

バブ男にとって飲み会というのは

二次会、三次会まで付き合って当たり前ですが

いまの20代や30代の部下たちは自分の時間を奪われるのを嫌がります。

飲み会ではバブ男は過去の武勇伝などを得意げに話しますが

部下はそんな話は聞きたくもないし興味もありません。

電車のある間に帰ります。

バブ男は飲み会の帰りはタクシーが当たり前です!(笑)

ここでバブ男は飲み代やタクシー代という無駄遣いをしてますが

部下にはおごって当たり前と思ってるバブ男はくだらない無駄遣いを

無駄遣いとも考えてもいませんね(笑)

バブ女は何歳になっても自分は「イケてる」と思ってます。

若い男性に歳を聞かれても平気で「何歳に見える?」などとイタイ質問をします(笑)

聞かれた方は心の中で「いや50過ぎのオバサンじゃん」と思ってますが

しょうがないので「お若く見えますね」などとテキトーに返事をします(笑)

バブ女はその言葉を額面通りに受け取ります(笑)

そうなのよ!この前なんて30代後半ですか?なんて聞かれたの」などと

イタイ返事をしてしまいます(笑)

会社で後輩の女性が彼氏のことを話していると

たとえば食事に行った話などをしているところにずけずけ割り込みます。

いまの若い子たちは「割り勘」が当たり前ですが

バブ女は食事代は男が払うと思い込んでいるので

あなたデートは割り勘なの?そんなオトコやめなさいよ!

などと自分の価値観を押し付けるような無神経なことを平気でいいます。

こういうバブル世代の言動は「バブルハラスメント」「バブハラ」と呼ばれてる。

そしてバブ女は「ブランド品」が大好きです!

いまだにブランド物のバックなどをボーナス一括払いで買ったりします。

バブル世代はお金はなんとかなると思っているので

老後のお金の心配などしてません!

ここがバブル世代の危機感のなさだとまるちゃんは考えるのです。

まだ間に合うよバブル世代!

ここまでまるちゃんの考える

バブル世代の考え方やお金の遣い方を書いてきましたが

今日からでもまだ間に合います!

いちど自分のお金の遣い方を考えてみてはどうでしょうか?

無駄遣いが多いかなと思い当たる方は、ほんの少しでもお金の遣い方を変えてみるだけで

少しづつですがお金は貯まっていきます。

これから先の人生待っているのは「老い」です。

まるちゃんのところにももう「白馬の王子様」は来ません!

それが現実です。

白馬の王子様と娘に話すと「なにそれ?」といわれました(笑)

意味が通じなかったのです(笑)

白馬の王子様(意味)

自分を幸福にしてくれる理想的男性」という意味で比喩的に用いられる表現西洋童話などに登場する典型的キャラクター像、たとえば「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」のような作品登場する王子のような存在念頭にかれている

白馬の王子様は、ヒロイン苦境に立たされている状況颯爽と現れ救出し、后として迎え満ち足りた生活環境成就させる。容姿端麗眉目秀麗性格温厚であり特にプリンセスは大切に扱う、裕福であることは言うに及ばず優雅な生活確約してくれるような存在である。そういう男の人がいないかな~、自分のもとに現れないかな~、という非現実的な願望表現する語といえる

https://www.weblio.jp/content/%E7%99%BD%E9%A6%AC%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AD%90%E6%A7%98より

くだらない空想をしてないで、リアルに無駄遣いをやめようと思ったまるちゃんでした(笑)

お金もない、仕事もない、働けないなどという悲惨な老後をむかえないために!

いまから切り詰め貯金をする!

タクシー代や飲み代での無駄遣いをやめて月に2万円貯める!

これだけでも年間にすれば24万円です!

10年で240万!

老後の資金にはたりませんがあるとないとでは大違いです!

今日からコツコツやってみる!

なにか副業をやってみる!

月に3万でも収入になれば年間36万円です!

10年で360万!

それだけで合わせて600万円!

これもあるとないとでは大違いです!

ローンやクレジットカードでの買い物をしない!

特にバブル世代はついついローンでの買い物をしがちですが

もう無駄な金利を払うのはやめましょう!

収支のバランスを、今日から真剣に考えてみる必要があるな!と思うまるちゃんでした!

時代はバブルではありません!

約30年前にバブルは、はじけたのです。

そしてバブル世代のまるちゃんやあなたも30年歳をとったのです。

若かったまるちゃんもオバサンになりました(笑)

このブログを読まれて少しでも「危機感」持ってくだされば

まるちゃんはとても嬉しいです!

そして、まだ間に合います!

まるちゃんと一緒に明るくリアルな老後に向かって進んで行きませんか?

1 COMMENT

DIY

50代は40代を引きずりながら、ついでにバブルの自分に思いを馳せるから辛いですね。 

その頃には戻れないけど、貴女の人生で今日が、今が一番若いのは間違いありません。
思ったら吉日。 
今日から1日700円貯金して下さい。

必ず間に合います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です